オススメ洋楽アルバム!甘く響く極上のバラードEd Sheeranの「X(マルティプライ)」

2014年大躍進を遂げ2015年グラミー賞にノミネートもされているEd Sheeranのセカンドアルバム「X」を聴きましたので感想をつらつらと述べていきます。
Ed-Sheeran-x-2014-1200x1200.png

どういったアルバムか?

このアルバムでは2014年「Happy」が大ブレイクし、プロデュース力に定評のあるファレル・ウィリアムスとアングラな音楽だったヒップホップをメジャー・シーンに押し上げ2007年に「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれた、成功請負人ことリック・ルービンをプロデューサーに迎えた最強チームで、前回のデビューアルバム「+」からおおよそ2年の歳月をかけて完成し満を持して2014年に発売されたアルバムであり、

発売初週にUK/USチャートで初登場一位を獲得し、他83ヵ国でも一位を獲得するというとんでもない売れ行きを記録しただけでなく、音楽ストリーミングでは全世界で初週に2379万回再生されるというまさにモンスター級の売れ行きを記録し、本国イギリスではプラチナディスクとして認定されている2014年を代表するアルバムの一つです。

このアルバムの魅力は?

ほとんどの曲がアコースティックギターを中心としたシンプルなメロディーで全体的に激しさは少なめだけれども、それ以上に一つ一つの曲が洗礼されていて美しく味わい深いものになっている。

それに加え、Ed Sheeran自身の甘いハスキーさのある低音から透き通るように気持ちよく耳に入ってくる高音といった多彩な歌声が曲一つ一つにメロウな雰囲気を加えている上に、感情がこもったパワフルとはまた違った力強さのある歌い方が聴いてるこっちの心を激しくふるわせてくれてじっくりと深く聴き入っちゃう質の高い曲ばかりなのがこのアルバムの魅力だと思います。
本当にいいアルバムでした(*´Д`)

スポンサードリンク

注目曲

このアルバムには一曲も捨て曲がないいいアルバムなんですけども、その中でも注目してほしい曲を2つ紹介します。

Thinking Out Loud

まず一つ目は「Thinking Out Loud」です。
この曲はチャートでも上位をキープし続けていて話題となっている曲ですが、アルバムの中ではこのアルバムで感じた魅力の全てが凝縮されているといってもいいほどキレイなメロディーと曲いっぱい詰まっている感情が感じられ心に深く突き刺さってくるこのアルバムを代表する曲だと思います。

Sing

二つ目は「Sing」です。
この曲は唯一スピード感がありノリのいい曲となっていて、アルバムの中でも違った存在感のある曲となっています。
だからと言って浮いているわけではなく魅力的な歌声やアコースティックギターのサウンドをしっかり曲の中に溶け込ませてこのアルバム全体の雰囲気を残しており、「Thinking Out Loud」とはまた違った魅力で存在感のある曲となっています

他にもいい曲はたくさんあるんですが、挙げるとしたらこの二曲が注目です。
しっかりとアルバムの空気を感じてからこの二曲を聴くとより魅力的に感じます!
ちなみに、どちらの曲もシングルカットされています。

最後に

グラミー賞最優秀アルバム賞にもノミネートされ(受賞の可能性大)Ed Sheeran自身もこれからもっと勢いに乗ってくるでしょうから今後の活躍にも大注目ですね!
ちょっと気が早いかもしれませんが、次回作は今回のアルバムの大成功という壁をどれだけうち破った作品を作ってくれるのかというのにも注目です!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ