心から洋楽のボーカルを味わおう。オススメヘッドホンランキングTOP5

alisaapps / Pixabay

洋楽の肝となるのは歌声です。あの感情が一杯にこもった声についつい聴き惚れてしまいます。
さらに、洋楽のアーティストはどの方も歌唱力が高く、心に響いてきます。だからこそ、ボーカルをしっかり聴着たいですよね。
今回は、心から洋楽のボーカルを味わえるオススメヘッドホンランキングTOP5を紹介します。

洋楽のボーカルを味わえるオススメヘッドホン一覧

(◎・・・非常にいい ◯・・・良い △・・・普通 ☓・・・劣る)

低域 中音域 高域 重低音 クリアさ 装着感
Sennheiser M2-AEI
SHURE SRH1440
ATH−ESW950
DENON AH-D1100
AKG K702

1位 Sennheiser M2-AEI

IMG_0069

低域 中音域 高域
★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★★
重低音 クリアさ 装着感
★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★☆
値段
40,586円(Amazon調べ)
管理人の正直レビュー
実際に聴いていて感じたのは、圧巻なまでの高域の繊細さ。『サム・スミス』の伸びやかで、スッキリとした高音の歌声も、全く淀みなく、さりげない抑揚までしっかりと表現されていて、感動的なほど。

女性アーティストなら、どこまでも伸びやかでふわっと豊かな聴き心地で、最高でした・・・!

低域も、歌声を消さない程度に、キレがありクリア。中音もポイントの通りハッキリとしているが、他の音よりもでしゃばり過ぎないもののしっかりと存在感がありました。

全体的にそれぞれの音が絶妙なバランス感覚配置されていてで、楽器、歌声が栄えさせるサウンドは、もう聴き応え満載でした。

装着感は特に締め付けはなく、いつまでも着けていられるほどストレスフリー。そして、デザインもひと味違った落ち着きがありオシャレ。通勤、通学にも使用できるよう雑音対策のチューニングもしてあるのも嬉しいですね。

楽器と歌声の共鳴を楽しむのなら、このヘッドホンがピッタリです。

2位 SHURE SRH1440

IMG_0064

低域 中音域 高域
★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★★
重低音 クリアさ 装着感
★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆
値段
37,506円(Amazon調べ)
管理人の正直レビュー
まず目立つのは、ポイントの部分でもある通り一音一音繊細でキメの細かい高域。

アップルのイヤホンやその他のヘッドホンと比べても、特にアコースティックギターの響き方が丁寧で印象的。まるで、目の前で弾いているような聴き心地でした。

そして、中域は歌声に本来の艶が加えられていて、優しく耳に届くあたりとにかく最高でした。

正直、基本聴く音楽はヒップホップやエレクトロが多いのですが、このヘッドホンならR&Bしか聴かなくなるかも...。って思うほどの質の高差でした。

低域は、存在感はさりげないものの、クリアでキレが良く高いクオリティー。全く他の音の邪魔はせず、むしろ活かしてくれているような聴き心地。

かなり高品質なサウンドを体感できたんですが、もしかしたら人によっては高音が尖すぎるかもしれないかもと聴いた限りでは感じました。

それと、装着感はストレスがなかったものの、隙間があり音漏れが心配です。

家でじっくり歌声に浸るならこのヘッドホンがオススメです。

3位 Audio-technica ATH−ESW950

IMG_0105

低域 中音域 高域
★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆
重低音 クリアさ 装着感
★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆
値段
40,680円(Amazon調べ)
管理人の正直レビュー
実際聴いてみて感じたのは、中音域の質感の高さ。もちろんクリアさもいいですが、それ以上に吐息まで美しく聴こえるほどの生音感。まるで自分の耳元で歌っているような感覚は感動的です!

そして、高域、低域ともに透明感があり、中音域の良さも全く損なわせないバランスの良さも魅力的でした。

全体的に中音域の質感が目立ち、これまで聴いてきた音楽がまた新鮮に聞き返せるほどクオリティーの高いサウンドでした。

でも、多少装着時の締め付けがキツイのがネック。20分もつけていると少しずつ耳が痛くなりはじめるので、1アルバム聴き終えたら10分休憩などをして対策しましょう。

音漏れもよほど大きい音じゃないとしないほどなので、屋内外どこでも、高音質を楽しめるのも魅力です。

4位 DENON AH-D1100

IMG_0119

低域 中音域 高域
★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆
重低音 クリアさ 装着感
★★☆☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆
値段
7,670円(Amazon調べ)
管理人の正直レビュー
実際に聴いてみて、まず感じたのが気持ちいいほどの中音域のクリアさ。他の音よりも印象的に響いてなおかつ淀みもなくキレイ。おもいっきり歌声を楽しめるほどのクオリティーの高さに驚きました。

さらに他の低域や高域も1位の『Sennheiser M2-AEI』や2位の『SHURE SRH1440』に比べれば劣るものの、歌声を楽しむのには十分なほどキレのいい透明感のある聴き心地。

音の配置も、低域が控えめ、高域が中音域との間という印象で、まさに歌声を重視としたチューニンが魅力的でした。

さらに値段も他と比べれば圧倒的に安く、コスパも最高。

ただ、弱点は装着した際の締め付けが多少強いことです。1時間以上の使用だと、徐々に耳が痛くなってしまうほど。

長い時間聴くのなら1時間に1回を目安に10分休憩するなど対処して行くことがオススメです。

でもその分音が外に漏れづらいということなので、通勤・通学でも『DENON AH-D1100』のサウンドを楽しめます。帰り道に疲れた体を、バラードで癒やすっていうのもいいですね^^

スポンサードリンク

5位 AKG K702

IMG_0193

低域 中音域 高域
★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆
重低音 クリアさ 装着感
★★☆☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆
値段
31,396円(Amazon調べ)
管理人の正直レビュー
まず全体的な音の印象として、サウンドの再現度が高く、アップルのイヤホンだと聞き取れないような音までしっかりと耳に入ってきました!

そんなサウンドの中でもひときわ目立ったのが、歌声の艶っぽさです。特に女性ボーカルの場合、その魅力は数段に跳ね上がり、歌声に恋してしまいそうになります。

さらに、広がりがあり空間的な響き方をし、気持ちのいい聴き応えが最高でした。

ただ、正直他のヘッドホンに比べれば、クリアさが劣っていること。加え、高域、低域ともに平凡と感じたのは残念でした。

でも、女性ボーカルを思う存分楽しむなら、かなりオススメ出来るヘッドホンです。

装着感は、特にストレスになるような違和感はなく、長時間でも問題なく歌声を楽しめます。

でも、音漏れがしやすいので、できれば家でたっぷりサウンドを味わうのが得策です

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ