海をバックにしっとり聴きたい。洋楽の夏のオススメバラードランキングTOP5

xusenru / Pixabay

 

夏の海は時間によっては哀愁を感じさせてくれます。太陽が沈んでいく瞬間など、1日が終わっていくのが惜しく感じるほど胸がギュッとしてくます。

 

やっぱりそんな時に、ふと聴きたくなるのはバラードですよね。特に夏らしさもこもっている曲なんかは、思わずリピートしたくなってしまいます。

 

なので今回は、海をバックにしっとり聴きたい。洋楽の夏のオススメバラードランキングTOP5を紹介します。

スポンサードリンク

1位 Never Gonna Leave This Bed−Maroon 5

 

2010年発売のアルバム「Hands All Over」から。「Never Gonna Leave This Bed」は、耳の中を心地良く通りぬけいていく爽やかなメロディー。

 

アダム・レヴィーンの伸びやかな高音の歌声もいい!

 

夏の海をバックにしっとりと聴きたくなってくるようなバラードです。。。

 

2位 Love Yourself−Justin Bieber

 

2015年発売のアルバム「Purpose」から。「Love Yourself」は、寂しく響くギターの音。そして、感傷的なバックコーラス。程よく夏らしさも乗っかったシンプルなメロディー。

 

そこに、大人っぽくって、ドライな歌声が絶妙。

 

一人で夕暮れか早朝に海を散歩しながら聴きたい一曲です。

 

3位 California King Bed−Rihanna

 

2010年発売のアルバム「Loud」から。「California King Bed」は、アコースティックギターの水々しくって孤独感を感じさせるようなAメロ。そして厚みのある聴き心地のサビ。

 

Rihannaの深みのある高音が魅力的な歌声も相まって、心に押し付けられるようなサウンドは圧巻です。

 

夏の夕方や夜に、一人で海を眺めながら聴くのがオススメです。

 

4位 Firework−Katy Perry

 

2010年発売のアルバム「Teenage Dream」から。「Firework」は、エレクトロとストリングスが合わさった厚みがあり豪華なメロディー。

 

Katy Perryの気分が晴れてくるような爽快感のある歌声。

 

まさに花火のようなサウンドは、夏の夜に海で聴いて欲しい一曲です。

 

5位 Song Cry−Jay-Z

 

2001年発売のアルバム「The Blueprint」から。「Song Cry」は、耳の中を気持ち良く跳ねるビート。夏の夜の侘びしさを感じさせるようなロマンチックで寂しげなメロディー。

 

ソフトに歌われるJay-Zのラップも、感傷的な雰囲気を織り上げてくれます。

 

夏の夜、ちょっと海辺でも散歩にでも行こうかなっていう時にぜひ聴いてみて欲しい一曲です。

 

スポンサードリンク

紹介した曲を聴くなら『ATH−ESW950』を使ってみるのもオススメ

IMG_0105

 

以下の記事での紹介している『ATH−ESW950』の魅力はなんといっても音の質感の高さ。実際聴いて見ても、まるでそばで演奏しているような感覚にはもう感動的。

 

今回紹介した曲アコースティックなサウンドがあるものが多く、より聴き応えのあるギターの音を味わえます。もちろん歌声も・・・!
バラードを海辺でもっとじっくり楽しむのならこのヘッドホンはかなりオススメです

 

まとめ

夏に合うバラードは、どこか情熱的で聴いてても普通のものとは違い味わい深いですね。さらに夏なので外でじっくり聴くことも出来ます。

 

海を眺めながらそんな状況にあう曲を心いくまで楽しみたくないですか?それなら今回紹介した曲をぜひ聴いてみてください。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ