今日も仕事頑張ろう!洋楽でオススメの通勤中テンションを上げる曲TOP10

-shared-img-thumb-NKJ56_ekinitomarudensya_TP_V

これから仕事・・・。そんな気持ちの持ちながらの通勤中はブルーですよね。ここでいっちょ気合を入れて

 

「今日も仕事頑張るか!」

 

と気持ちを立てなおして臨みたいです。そんな時はやはり音楽が一番!

 

今回は今日も仕事頑張ろう!と思える、通勤中テンションを上げる洋楽TOP10を紹介します。

スポンサードリンク

1位 Olly Murs(オリー・マーズ) − Wrapped Up (feat. Travie McCoy)

 

2014年発売のアルバム「Never Been Better」から。「Wrapped Up」は、ポップスらしいキャッチーで、フレッシュなメロディー。

 

軽快に響くクリアな歌声。軽やかなラップ

 

まさに、朝の爽やかな雰囲気にピッタリのポップスサウンド。憂鬱な出勤をフレッシュに彩ってくれます。

 

2位 Nicki Minaj(ニッキー・ミナージュ) − Super Bass

 

2010年発売のアルバム「Pink Friday」から。「Super Bass」は、ポップスのようにフレッシュで甘いメロディー。軽やかなビート感。

 

スピーディーで、女性らしいスウィートなラップ。

 

他にはない、甘く爽快なサウンドに乗って、気持ちも「頑張るぞ!」と沸き立ってきますよ!

 

3位 Katy Perry(ケイティー・ペリー) − California Gurls(Feat. Snoop Dogg)

 

2010年発売のアルバム「Teenage Dream」から。「California Gurls(Feat. Snoop Dogg)」は、エレクトロ・ポップを軸にしたキャッチーでポップスらしいワクワクしてくるメロディー!

 

さらに、時にパワフルで、フレッシュな歌声

 

通勤時の、重たい気分を吹き飛ばしてくれるほど、爽快なサウンドは必聴!

 

4位 Ke$ha(ケシャ) − TiK ToK

 

2010年発売のアルバム「Animal」から。「TiK ToK」は、クラブミュージックの要素を、絶妙にポップス風に、キャッチーに調理したグルーヴィーなメロディー。でも、ビート感はそのまま!

 

そこに、野性的で、歌唱力満点の歌声がクセになる。

 

朝からテンション上げるなら、これもオススメ!

 

5位 Oasis(オアシス) − Morning Glory

 

1995年発売のアルバム「(What’s the Story) Morning Glory?」から。「Morning Glory」は、音の厚み満点、でもどこかオシャレなブリットサウンドらしいメロディー。

 

リアム・ギャラガーのハスキーで独特の歌声が、さらにかっこよく彩ってくれる!

 

通勤中、特に満員電車に揺られている時に、気合を入れるために聴きたい一曲!

 

スポンサードリンク

6位 Macklemore & Ryan Lewis(マックルモア&ライアン・ルイス) − Can’t Hold Us (feat. Ray Dalton)

 

2012年発売のアルバム「The Heist」から。「Can’t Hold Us (feat. Ray Dalton)」は、民族音楽のような荒々しく野性的なメロディー。そしてビート感

 

そこから繰り出される、独特のリズム感のスピーディーなラップ。

 

通勤中のブルーな気持ちから、一気に切り替えたい時、かなりオススメの一曲!

 

7位 One Direction(ワン・ダイレクション) − Kiss You

 

2012年発売のアルバム「Take Me Home」から。「Kiss You」は、心がワクワクしてくるようなキャッチーで、スピードに乗ったメロディー。

 

5人のフレッシュな歌声のハーモニーが魅力的!!

 

いつもとは違う、ワクワクした通勤を!

 

8位 Chris Brown(クリス・ブラウン) − Yeah 3X

 

2010年発売のシングル「Yeah 3X」は、激しく、テンション上がるビート感。モダンで耳に残るメロディー。

 

スッキリとしたR&B仕込みの歌唱力抜群の歌声!耳の奥まで振るわしてくれるサウンド!

 

サビがわかりやすいので、その分一番盛り上がるところで、気分も!しかもフレッシュなサウンドということ、朝の出勤時には、もってこい!

 

9位 The Ting Tings(ザ・ティン・ティンズ)− Great DJ

 

2008年発売のアルバム「We Started Nothing」から。「Great DJ」は、軽いドラム音がクセになる、ポップでロッキンなメロディー

 

そこに、嫌でも耳に残ってくるほどリピートされるサビ!ちょっと砕けた感じの歌声もまたいい!

 

リズム感もしっかりとあるので、メロディーに歩幅を合わせながら通勤っていうのも気分が上がりますよ。

 

10位 Gwen Stefani(グウェン・ステファニー )− Hollaback Girl

 

2004年発売のアルバム「Love Angel Music Baby」から。「Hollaback Girl」地鳴りするんじゃないのか!??っていうほど重く響くビート感。

 

フックがかかった、独特の歌声もまた魅力的!

 

『よし、今日も頑張るかっ!』て奮い立ってくるサウンドが通勤中にピッタリです。

 

まとめ

ここまでを振り返ると
1位 Olly Murs(オリー・マーズ) − Wrapped Up (feat. Travie McCoy)

 

2位 Nicki Minaj(ニッキー・ミナージュ) − Super Bass

 

3位 Katy Perry(ケイティー・ペリー) − California Gurls(Feat. Snoop Dogg)

 

4位 Ke$ha(ケシャ) − TiK ToK

 

5位 Oasis(オアシス) − Morning Glory

 

6位 Macklemore & Ryan Lewis(マックルモア&ライアン・ルイス) − Can’t Hold Us (feat. Ray Dalton)

 

7位 One Direction(ワン・ダイレクション) − Kiss You

 

8位Chris Brown(クリス・ブラウン) − Yeah 3X

 

9位The Ting Tings(ザ・ティン・ティンズ)− Great DJ

 

10位 Gwen Stefani(グウェン・ステファニー )− Hollaback Girl
正直朝は、眠気などの他に、電車通勤の人は満員電車など通勤中に憂鬱になってくるようなことが多いです・・・。
そんな気持ちを抱えたまま仕事となると、余計にしんどい。そんなの嫌ですよね。。。
だからこそ、今回紹介した曲を聴いて、テンションをアップ!モチベーション高く仕事に臨みましょう。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ