乗り遅れるな!2016年上半期オススメ洋楽パーティーソングランキングTOP5

mikegi / Pixabay

 

2016年ももう下半期に突入。これまで様々な曲がヒットチャートを賑わせてきました。そして流行になる曲もホロホロと・・・。

 

ただ、音楽の流行り廃りは早く、追いかけてても見逃してしまうということもありますよね。

 

なので、今回はしっかり流行を確認するためにも上半期の中でオススメのパーティーソングTOP5を紹介します!

スポンサードリンク

1位 This Is What You Came For (feat. Rihanna)−Calvin Harris(カルヴィン・ハリス)

 

2016年発売のシングル「This Is What You Came For (feat. Rihanna)」は、夏の暑さを感じながらも、海辺のような風の涼しい所にいる気分にさせえてくれる爽やかなメロディー。

 

そこに、Rihannaの透明感のある歌声が相性抜群!

 

ダンスミュージックらしくエレクトロふんだんに使った夏にピッタリなパーティーソングです

 

2位 CAN’T STOP THE FEELING!−Justin Timberlake(ジャスティン・ティンバーレイク)

 

2016年発売のシングル「CAN’T STOP THE FEELING!」は、聴くほどに心の中から楽しさが溢れだして、思わず体が動き出しそうなほどワクワクするメロディー。

 

そこに、気持よく高音が魅力的な歌声もいい!

 

最高にキャッチーでフレッシュなサウンドは、まさにパーティーソング向きですね。

 

3位 Work (feat. Drake)−Rihanna(リアーナ)

 

2016年発売のアルバム「ANTI」から。「Work (feat. Drake)」は、ビートが気持ちよく響き、シンプルで洗練された甘いメロディー。そして、耳に残ってなかなか離れないサビ。

 

相性のいいRihannaの歌声や、Drakeのラップも秀逸です。

 

ネガティブ過ぎず、ダンス系のノリの良さが絶妙なバランスなサウンドはパーティーソングとしても、かなりオススメです。

 

4位 Me Too−Meghan Trainor(メーガン・トレイナー)

 

2016年発売のアルバム「Thank You」から。「Me Too」は、大人っぽい雰囲気に、思わず中毒になってきそうほどのメロディー。

 

ヘビー感とフレッシュ感が混同した歌声も、サウンドにのめり込ませる重要な一部としてしっかりとした存在感。

 

狂おしいほどの中毒性だからこそ、ぜひ盛り上がる場面でかけたくなるパーティーソングです。

 

5位 All the Way Up−Fat Joe&Remy Ma(ファット・ジョー & レミー・マー)

 

2016年発売のシングル「All the Way Up」は、体がゾクゾクするほど乗ってくるビート。ダークな雰囲気のあるメロディー。

 

フロアに危険な空気を漂わせてくれるようなラップもまた魅力的。

 

ちょっとアブないヒップホップらしいサウンドが最高のパーティーソングです。

 

スポンサードリンク

今回紹介した曲は『Beats studio V2』で聴くのがオススメ

IMG_0083

 

下記の記事でも紹介している『Beats studio V2』の魅力は、Beatsらしい低域、特に重低音のインパクトが目立つものの、他の音も全く埋もれず存在感のある、バランスのいいサウンド。

 

実際に聴いてみても、他のBeats系のヘッドホンだと重低音はいいが中音域が存在感が低かったり粗かったりだったのですが、これではほとんどナシ。どの音も高音質でさらに重低音も強く、まさにBeatsのいいとこ取りな聴き心地でした!
 

 

今回紹介した曲は、パーティーソングの中でも、ヒップホップやEDM等ビート感が魅力的な曲がたくさんあります。だからこそ、このバランスとインパクトが魅力の『Beats studio V2』がオススメ。

 

存分に流行のサウンドを楽しんじゃいましょう!

まとめ

今年のパーティーソングはおもいっきり盛り上がる爆発力のある曲よりも、ビートが効いてて程よく気分が上がるような落ち着いた曲が多い印象。

 

夏も本番に入ってくる下半期。一体どんなパーティーソングが出てくるか大注目ですね!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ