クリスマス前に恋人がいない人をイラつかせる洋楽ラブソング8選

 

ラブソングってイラッとしません?

 

特に恋人がいないとなると、そのイチャコラした内容に対して嫉妬心を抱く人も多いだろう。さらに時期的にクリスマスが近いこともあり、そこらじゅうでラブソングの嵐。

 

まるで恋人のいない私達へのあてつけのようだ。私自身、もう彼女なしでクリスマスを迎えることが確定しているからこそ、最高に腹が立っている。

 

なので今回はそんな私の怒りも込めて、クリスマス前に恋人がいない人をイラつかせる洋楽ラブソング8選を紹介しよう。

スポンサードリンク

Mariah Carey−All I Want For Christmas Is You

 

言わずもがな、恋人たちがイチャコラしているのを端から見ているようなイラつき、嫉妬の嵐。眩しいくらいにカップルでクリスマスを楽しんでいる様が曲からにじみ出ている。

 

正直、毎年のように流れてくるので『この時期が来てしまったか・・・』とある程度慣れた人もいるかもしれない。

 

私自身、おおかた抗体はできているとは思っていたが、やっぱり聴くとイラッする。

 

Ed Sheeran−Thinking Out Loud

 

ああ、甘い、甘すぎる。ラブソングとしてのクオリティーはもちろん高く、そのメロディーラインから、歌声にいたるまでさすがのセンス。しかし、歌詞がすごく甘い。

 

『70歳になっても気持ちは25歳のままだ』

 

何いってんだチクショウ。次の日に別れてしまえ。

 

Maroon 5−Won’t Go Home Without You

 

これは失恋ソングのような寂しいメロディーだが騙されてはいけない。我々と同族のような姿はしているが、歌詞をみてみると全く違う。

 

『一人じゃ帰りたくない』

 

うるせえ。一人で帰って、Xvideoでも観ていろ。そして観たい動画が削除されてて萎えてしまえ。

 

別れた彼女とよりを戻そうなどと、この期に及んでその図々しさにイラッとする。

 

Taylor Swift−Love Story

 

ロミオとジュリエットをオマージュしているだけあって内容が甘い。甘すぎる。はちみつを樽で流し込まれているようだ。さすがのプーさんでも甘くてむせる。

 

さらにせめてもの救いであった、ロミオとジュリエットが心中する悲劇の部分はなかったことになっている。
 
恐ろしいライティングセンスだが、なんてことしてくれるんだこの野郎。

 

頼むからテイラー・スウィフトは元カレの恨み節だけを歌っていて欲しい。

 

Ellie Gouldin−Love Me Like You Do

 

壮大なメロディー、透き通るような歌声。やっぱりエリー・ゴールディングは素晴らしい。
でも、歌詞が・・・くそぅ。

 

ただ、これまでの曲と違うのは歌詞自体にイラッとするのではなく、恐らくこの内容を言われているであろう相手に怒りの矛先が向いている。特にサビの部分

 

『あなたが好きなように愛して』

 

なにこれ、すご、エロ。羨ましいんスけど。そんなこと言われたことないんスけど!歯ぎしりがするほど悔しい。嫉妬に狂いそうだ。

 

スポンサードリンク

Sixpence None The Richer−Kiss Me

 

もうとにかくキュートなメロディーで歌詞もストレートでかわいい。なんだろう、シンプルだと逆になんだか冷静になってくる。しかし、嫉妬心が燃え上がってきている。

 

だが、もちろん隣にはKiss Meって言ってくれる人はいない。ヤバイ。涙がでそうだ。聴いてるとなかなか辛い。

 

Bruno Mars−Just the Way You Are

 

もうラブソングの中では名曲の一つであるこの曲。『君は君のままでいいんだよ』と彼女のアリのままを受け入れる歌詞が世のカップルたちの胸をキュンキュンさせている。

 

もうストレートに独り身の寿命を削ってくるラブソングだ。キツイ。いい曲なんだろうけど、やめてくれ!俺には隣には肯定してあげれる人はいないんだ!と叫びたくなる。

 

そしてブルーノ・マーズのドヤ顔もなかなか腹が立つ。恋人いるのがそんなに偉いのか!!

 

Kanye West−Bound 2

 

これまでは基本歌詞などに注目してきたが、この曲は少しテイストが違う。このPVではカニエ・ウェストとその妻キム・カーダシアンがとにかくいちゃついている。

 

これまでは精神攻撃が多かったが、これは完全に物理で殴りにきている。ガチもんのカップルが本気で殺しにきている。戦いの火蓋は切って落とされた。

 

目には目を。歯に歯を。暴力には暴力だ。丸まったティッシュなどを画面に思いっきりぶつけてやろう。

 

まとめ

以上がクリスマス前に恋人がいない人をイラつかせる洋楽ラブソング8選だ。かなりイラついただろう。

 

もちろんいい曲なのはわかっているが、やっぱりどこか恋人のいない我々にとっては鼻についてしまう。きっと恋人ができれば優しい目で見れるんだろうな・・・。

 

その時はもう一度今回紹介した曲をきいて見ることをオススメする。きっと今とは反対の感情が出てくるだろう。

 

だかカニエ、お前は別だからな。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ