英語の勉強にもなる!キャッチーで馴染みやすいオススメの洋楽TOP10

-shared-img-thumb-PAK75_englishranchon20141206202538_TP_V

英語の勉強に洋楽を聴くなら、やっぱり聴きやすキャッチーな曲がいいですよね。耳に入りやすくて、終始楽しく聴くことができますから。

 

そして、歌詞もわかりやすくて、勉強向き!

 

今回は、そんな英語の勉強にもなる!キャッチーで馴染みやすいオススメの洋楽TOP10を紹介します。

スポンサードリンク

1位 Demi Lovato(デミ・ロヴァート)− Really Don’t Care

2013年発売のアルバム「Demi」から。「Really Don’t Care」は、体が自然と動いてしまうようなほどのパーティーチックな、フレッシュなメロディー。

 

歌詞もシンプル。しかも、聴き取りやすいので英語の勉強にも最適!

 

2位 Taio Cruz(タイオ・クルーズ)− Dynamite

2010年発売のアルバム「Rokstarr」から。「Dynamite」は、心のなかがスッキリと空っぽになるほど、爽快感抜群のメロディー、そして歌声!

 

聴いてるだけで気持ちが軽くなるサウンドは、英語の勉強を楽しく彩ってくれますよ

 

3位 Avril Lavigne(アヴリル・ラヴィーン)− Rock N Roll

2013年発売のアルバム「Avril Lavigne」から。「Rock N Roll」は、ポップロックをベースに、最高にモダンでキャッチーな気持ちの良いメロディー

 

パワフルなサウンドが、勉強をやる気にさせてくれます。

 

4位 THE 1975 − The Sound

2016年発売のアルバム「君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。」から。「The Sound」は、

 

アートロックで、心の奥までオシャレな気分にさせてくれるキャッチーなメロディー。

 

そしてちょっと野性的な歌声。

 

スタイリッシュでフレッシュなサウンドは、勉強の最中にもピッタリ!

 

5位 Charli XCX(チャーリー・エックス・シー・エックス)− Break the Rules

2014年発売のアルバム「SUCKER」から。「Break the Rules」は、破壊力抜群!中毒性も満載!なのにすごくキャッチーなエレクトロ・ポップ調のメロディー。

 

心のそこにあるやる気を呼び起こしてくれるような、インパクトのあるサウンドは、英語の勉強にもピッタリ。歌詞もシンプルですよ!

 

スポンサードリンク

6位 Maroon 5(マルーン5)− Sugar

2014年発売のアルバム「V」から。「Sugar」は、フレッシュでありながらも、大人っぽいセクシーさがほどよく混ざったメロディー。

 

ほのかに甘さのあるサウンドが、聴くほどにクセになる!歌詞も魅力的なので、英語の勉強にも向いています!

 

7位 Katy Perry(ケイティー・ペリー)− Teenage Dream
2012年発売のアルバム「Teenage Dream」から。同名のこの曲は、一途さが溶け込んだ、キュートなメロディー。

 

未熟さがあるけど、恋に真っ直ぐでピュアな歌詞もかなり注目。翻訳して、英語の勉強するもの良し!です。

 

8位 Ellie Goulding(エリー・ゴールディング)− Burn

2014年発売のアルバム「Halcyon Days」から。「Burn」は、種火から少しずつ燃え上がっていき、サビでは大きな炎へ。そんな情景を想像させるエレクトロのメロディー

 

そして、その音に共鳴したクリアな歌声。

 

歌詞もわかりやすく、キャッチーなサウンドは集中力が切れそうな時、もうひと踏ん張りを後押ししてくれるオススメの一曲です。

 

9位 Beyoncé(ビヨンセ)− Run the World (Girls)

2013年発売のアルバム「4」から。「Run the World (Girls)」は、猛々しく、こっちが怯んでしまいそうな、カリスマ性のあるメロディー。

 

そして文句のつけようがない歌声。

 

勉強の集中力を取り戻させてくれるサウンドが魅力!

 

10位 Owl City(アウル・シティー)− Shooting Star

2012年発売のアルバム「The Midsummer Station」から。「Shooting Star」は、ワクワクしてくるほど、耳の中で跳ねるエレクトロ・ポップのメロディー

 

スピードに乗った爽快なサウンドが、勉強の邪魔をせず気持よく通りぬけていきます・・・!

 

まとめ

ここまでの順位を振り返ると、
1位 Demi Lovato(デミ・ロヴァート)− Really Don’t Care

 

2位 Taio Cruz(タイオ・クルーズ)− Dynamite

 

3位 Avril Lavigne(アヴリル・ラヴィーン)− Rock N Roll

 

4位 THE 1975 − The Sound

 

5位 Charli XCX(チャーリー・エックス・シー・エックス)− Break the Rules

 

6位 Maroon 5(マルーン5)− Sugar

 

7位 Katy Perry(ケイティー・ペリー)− Teenage Dream

 

8位 Ellie Goulding(エリー・ゴールディング)− Burn

 

9位 Beyoncé(ビヨンセ)− Run the World (Girls)

 

10位 Owl City(アウル・シティー)− Shooting Star
英語の翻訳から、リスニング、勉強にはちょうどいいフレッシュでキャッチーなサウンドはいかがでしたか?

 

翻訳の答えが分からない場合は、有名な曲ばかりなので、答えとなる日本語訳は検索するとたくさん出てきます。

 

この洋楽を聴いて、メキメキと英語力を上げていきましょう!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ