洋楽を高音質で聴くならコレ!オススメのヘッドホンランキングTOP5

langll / Pixabay

 

洋楽の魅力を最大限引き出そう。そうなったらたどり着くのは高音質ですよね。雑味がなくなるで自分のそば歌ってくれているようなライブ感。音の綺麗さ。臨場感。

「あぁ。やっぱり洋楽って良いな」と魅力を再確認させてくれます。ただでさえクオリティーの高い洋楽です。やっぱり高音質にもこだわっていきたいですよね。

なので、今回は高音質で洋楽を聴くならコレ!っていうオススメのヘッドホンTOP5を紹介します。

高音質で洋楽を聴くならオススメのヘッドホン一覧

(◎・・・非常にいい ◯・・・良い △・・・普通 ☓・・・劣る)

  低域 中音域 高域 重低音 クリアさ 装着感
Sennheiser HD800
ATH−ESW950
SHURE SRH840
Beats Pro
ATH-M50

1位 Sennheiser HD800

IMG_0117

低域 中音域 高域
★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆
重低音 クリアさ 装着感
★★★★☆ ★★★★★ ★★★★☆
値段
129,800円(Amazon調べ)
管理人の正直レビュー
 

【総合レビュー】

実際に聴いてみた感想は、まず驚くのがその音質の美しさ。全く濁りが無く、さらに元のサウンドを変に脚色してないので、音楽をそのまま高音質で楽しめました。気分はまるで演奏会にいるような臨場感。そして新鮮な聴き心地。
「あぁ・・・スゴ・・!」
とあまりにも良すぎて呆然としてしまうほどの音質の高さには、本当に感動しました。

正直このヘッドホンは数々聴いた中でも高音質に関しては、群を抜いたクオリティーの高さ。

低域など音のバランスも良く、耳に入ってくる音一つ一つがもう快感。

聴いているうちに自然とサウンドの世界観にどっぷりハマっていけました。

装着感も、全くストレスを感じず、ホント細部まで高音質のヘッドホンでした。

【デメリット】

一つ問題なのは値段がものすごく高いということです・・・

手を伸ばそうにもためらってしまうほど。

でも、サウンドのクオリティはヘッドホンの中でもトップクラス。本物です。

なので僕として、壊れたらシャレにならないので外で使わずに、家でゆっくりと音楽を楽しむために使って欲しいヘッドホンです。

そして、ぜひR&Bなどの魂に響いてくるような音楽を聴くのがオススメです。もし興味があれば、ジャズなどもいいですよ。

 

2位 Audio-technica ATH−ESW950

IMG_0105

低域 中音域 高域
★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆
重低音 クリアさ 装着感
★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆
値段
39,800円(Amazon調べ)
管理人の正直レビュー
 

【総合レビュー】

実際に聴いてみた感想は、音の質感がハッキリとした高音質なサウンド。

まるで自分のすぐ近くで演奏しているような聴き心地で、聴いてるうちにどんどんと心が踊ってしまいました。

さらに、質感がいいことで、歌声がまるで耳元で歌っているように耳に入ってきて、吐息までクリアで美しかったです。

聴いてて、「アーティストの歌声ってこんなにもキレイなんだ」ともう鳥肌が止まりませんでした。

さらに、他の音も、上記したように質感がハッキリしているので、聴きごたえのあるサウンドを存分に味わうことが出来ました・・・!

【デメリット】

一つ気になった点として、ヘッドの締め付け具合が強く、長時間聴き続けるのは難しいです。

つけていると、どんどん耳が熱くなってきて、20分程度連続で聴くと、外した際多少ジンジンと耳が痛んでしまいました。

なので、出来るならこまめにヘッドホンを外して休むことが必要です。

それと重低音の存在感が薄く感じてしまいました。もちろんその分、柔らかいサウンドを体感することが出来ますが、インパクトも欲しいっていう人には物足りなく感じてしまいます・・・。

一番合う音楽はやっぱり歌声重視のバラードやR&B。心の奥まで優しく高音質に声が響いてきますよ。

 

3位 SHURE SRH840

IMG_0100

低域 中音域 高域
★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆
重低音 クリアさ 装着感
★★★☆☆ ★★★★★ ★★★☆☆
値段
21,000円(Amazon調べ)
管理人の正直レビュー
 

【総合レビュー】

実際に聴いてみた感想は、高音質でほとんど濁りの無い音の良さはもちろんですが、それにプラスしてサウンドのソフト感も最高!

広がるような高域。低域は強すぎずでも最低限の迫力があり、中音域は存在感がありクリア。とかなりバランスの取れた聴き心地。

音質のクオリティーの高さももちろん、サウンドに脚色がありソフトに楽しめる聴き心地が魅力的でした。

高音質でありながらも、音がそれぞれ表現力豊かで、
「あぁ、優しい響き方もいいなぁ」
とついつい聴き込んでしまいました。

【デメリット】

一部気になったのは、ヘッドホン自体の重さ。つけた瞬間から「ズンッ」ってのしかかってくるような重さは立って聴くにはストレスでした。

長時間使うと肩が凝ってもおかしくないほど。なので、『SHURE SRH840』は家で、椅子に座って音楽をじっくり楽しむのために使った方がオススメです。

それと重低音は、インパクトがある響き方よりどちらかというとソフトな感覚。なので、正直重低音によるビート感は弱いように感じてしまいました。

ヒップホップだと若干物足りなさを感じてしまいますが、バラード系のR&Bや、オルタナティブよりのロックと相性抜群ですよ。

 

4位 Beats Pro

IMG_0089

低域 中音域 高域
★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★☆
重低音 クリアさ 装着感
★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★☆
値段
44,712円(Amazon調べ)
管理人の正直レビュー
 

【総合レビュー】

Beatsの魅力といえばインパクト抜群の重低音。まさにクラブミュージックやヒップホップが主軸となっている今の音楽シーンに完全にフィットしたサウンドが魅力です。

でも、この『Beats Pro』は実際にきいて見ると、重低音はあまり迫力は控えめ。でもその分、音一つ一つが繊細でクリアな聴き心地に。

高域は尖すぎず、ソフトで他の音とも調和が取れたバランスの良い響き方。中音域は存在感があり、一言一言が鮮明に聞こえてきてクオリティーの高い音質でした。

さらに低音もやわらく響いて包まれるような心地に・・・。それぞれの音の個性をバランス良く、高音質なサウンドで楽しめついお気に入りの音楽を何度もリピートして聞いちゃいました

【デメリット】

音質はすごくクリアで、バランスも良いのですが、正直Beatsのサウンドを求めている場合は重低音のインパクトには物足りなさを感じました。

どちらかというと控えめで他の音に完全に埋もれているよう聞こえたのが残念です。

でもその分、いつまでも聞いていられるような繊細で歌声の存在感も高い高音質なサウンドを味わうこと出来ました。

R&Bやポップス、バラード。音の調和が魅力のジャンルを聴くのなら『Beats Pro』はオススメのヘッドホンです。

 

スポンサードリンク

5位 Audio-technica ATH-M50

IMG_0152

低域 中音域 高域
★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆
重低音 クリアさ 装着感
★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆
値段
23,809円(Amazon調べ)
管理人の正直レビュー
 

【総合レビュー】

聴いてて感じたのは、その解像度の高さ。

アーティストが本来伝えたかった音質を特に大きくは脚色せず、高音質に耳にダイレクトに伝えてくる忠実なサウンドは、聴いて感動的。

まるその場で演奏してるような聴き心地に「何もせずここの音に浸っていたい!」って思っちゃうほど、質の高い音質でした。

さらに、音一つ一つが細かい所まで忠実に再現してあるので、「こんな所にこんな音があったのか」など今まで聴いてきた洋楽に、新しい発見が。

また新鮮な気持ちでお気にい入りの曲を聴き直すことができちゃいました。

【デメリット】

音を忠実に再現することが魅力なので、もし、聴いている曲の音質が元から悪かったりすると、残念ながら音質の良さを体感することが難しいです。

なので出来るなら、Appleミュージック等正規の音楽配信サービスで聴く。

もしくは、ユーチューブで聞く場合は素人が投稿している雑味のある音質のものより、公式チャンネルからの音源で聴くほうが、もっとこのヘッドホンが出してくれる高音質なサウンドを楽しむことが出来ますよ。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ