洋楽のヒップホップにノレるオススメヘッドホンランキングTOP5

steadycultures / Pixabay

現代の音楽の中心的な存在であるヒップホップ。濃厚な重低音のビート。そこにリズムに乗ったリリックがもうたまりません!

 

ノリの良さで言えば、数あるジャンルの中でも1,2を争うほど。そんな音楽を何の特徴も無い、一般的なヘッドホンやイヤホンで聴くのはもったいないと思いませんか?

 

今回は、洋楽のヒップホップに最高にノレるオススメヘッドホンランキングTOP5を紹介します

スポンサードリンク

洋楽のヒップホップに最高にノレるオススメヘッドホン一覧

(◎・・・非常にいい ◯・・・良い △・・・普通 ☓・・・劣る)

低域 中音域 高域 重低音 クリアさ 装着感
ATH-MSR7
Beats studio V2
Beats solo2
MDR XB950BT
PHILIPS NC1  ◯

 

1位 Audio-technica ATH-MSR7

 IMG_0158

 

低域 中音域 高域
★★★★★ ★★★★☆ ★★★☆☆
重低音 クリアさ 装着感
★★★★★ ★★★★★ ★★★★★
値段
22,464円(Amazon調べ)
管理人の正直レビュー
【総合評価】

ヒップホップのあのビート、スピード、メッセージその全てを余すことなく、楽しめちゃいました。

全体的に原音をなるべくに忠実に表現されているサウンドだからこそ、その曲の中で作曲者が出したかった重低音、リリックを思いっきり味うことができました。

中音域も全く薄まることなく存在感があり、歌声までしっかりと耳の中に入ってきます・・・!

これまで聴いてきた曲の、本当の魅力を知ることができたサウンドは、もう感動。

プレイリストにあるヒップホップ全部を『ATH-MSR7』で聴きたくなってしまうほど完成度の高いサウンドを聴けて本当に感無量です。最高でした。

【欠点】

非常に高クオリティーなのですが、一点気になったのは高域が少し他の音と比べても弱く感じてしまったのは残念です。

正直、今のヒップホップはエレクトロを重視したサウンドが多く、クラブ向けの曲がよくあります。

そういった音は、高域と低域のバランスによってグルーブ感を感じられます。

でも、『ATH-MSR7』ではその感覚は少し控えめな聴き心地でした。もっと痺れるほど乗りたいっていう人には少し物足りないかもしれません。

ただ、もちろんその分、安定感のあり高クオリティーなサウンドが体感でき、2Pacやジェイ・ジーなどの王道的なヒップホップのリリックに込められた感情まで思う存分楽しめました!

 

2位 Beats studio V2

IMG_0083

 

低域 中域 高域
★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆
重低音 クリアさ 装着感
★★★★★ ★★★☆☆ ★★★☆☆
値段
20,900円(Amazon調べ)
管理人の正直レビュー
【総合評価】

まず聴いてて感じるのは低域、高域の質の高さ。

1位の『ATH-MSR7』とは違い、脚色された音ではあるものの、インパクトの強さであったり鋭さ。そして盛り上がるために計算されつくされているような音のバランス感覚。

どこをとっても、『こんなの乗れないわけないよね』って感じさせるようなサウンドにはもう鳥肌でした。

さらに、中音域も存在感がハッキリとしているのでリリックまで存分に楽しめます。

現代のヒップホップの形ににフィットしたグルーブ感満載のヒップホップを思いっきり楽しめちゃいます。

【欠点】

欠点としては、クリアさに若干の不満点がありました。高音が伸びやかで鋭さがあるのは良いのですが、強すぎると割れていると感じたりすることもしばしば。

さらに、全体の音が整いすぎているので若干Beatsらしい、低域、とくに重低音の激しさや衝撃が弱ってしまっていると感じました。

でも、そのぶんどこを取っても高クオリティーなサウンドを味わえました。

現代のデジタル音をベースとしたノレるヒップホップを楽しむのにはかなりオススメです。

 

3位 Beats solo2

IMG_0085

 

低域 中域 高域
★★★★★ ★★★☆☆ ★★★★☆
重低音 クリアさ 装着感
★★★★★ ★★★☆☆ ★★☆☆☆
値段
20,216円(Amazon調べ)
管理人の正直レビュー
【総合評価】

音の聴き心地は、2位で紹介した『Beats studio V2』と同様。低域のインパクト。高域の鋭さが目立ち、デジタル音ベースのヒップホップにおもいっきりノレるサウンドになていました。

さらに、一番の差は中音域が少し存在感が抑えられていることで、より重低音の振動、鳥肌が立つような高域が体感でき、曲のグルービーなメロディーを存分に楽しむことができました。

【欠点】

まず装着した瞬間から感じる、締め付けの強さです。正直かなり痛い。着けて10分程度なら問題はないですが、時間が立つごとに耳が熱くなってきました。

そして30分もつけていると徐々に痛みが・・・。30分にごとに10分休憩を取る等工夫をしていくのが得策です。

それと、中音域の存在感が薄くなり、どうしても他の音の影に隠れやすくなってしまっていたのが残念。

雑味も感じてしまい歌声とのハーモニーを味わうのには向いていないです。

そのかわりに、上記したように、他の音の存在感は薄まることなく衝撃的なグルーブ感を楽しめるので、ヒップホップのメロディーを楽しむたいのならかなりオススメ!

 

4位 SONY MDR XB950BT

IMG_0077

 

低域 中音域 高域
★★★★☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆
重低音 クリアさ 装着感
★★★★★ ★★☆☆☆ ★★★★☆
値段
11,980円(Amazon調べ)
管理人の正直レビュー
【総合評価】

まず聴いて感じるのは、圧倒的なグルーブ感の優れた重低音。ヒップホップのビートが、体の芯にまで響いてくるような聴き心地で、耳が虜になってしまいそうなほど・・・!

特に現代のヒップホップではデジタル音がベースとなっている物が多く、重低音がダークに響く曲が多いです。その一面を心ゆくまで体感できたのがもう最高でした。

【欠点】

正直、聴いてて重低音を含めた低域の響き方は印象的でしたが、その他は残念ながら雑に感じてしまいました。

特に高域に関して、音が割れているように感じ聴き心地はあまり良くはありませんでした。

さらに、クリアさも劣り、低域を含め、粗さが目立つものとなっていました。

印象としては、とにかくどれだけインパクトのある重低音を出せるかを重視したヘッドホンだと感じました。

でも、やっぱりすごかったです。低域の存在感の高さは。なので、ヒップホップのダークな重低音を存分に楽しむなら、『SONY MDR XB950BT』がオススメです。

 

 

スポンサードリンク

5位 PHILIPS NC1

IMG_0177

 

低域 中音域 高域
★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆
重低音 クリアさ 装着感
★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆
値段
17,919円(Amazon調べ)
管理人の正直レビュー
【総合評価】

聴いてて感じたのは、低域を軸としたバランスの取れたヒップホップを味わえたということ。

重低音が目立つと、他の音の印象を弱めてしまうものの、『PHILIPS NC1』ではその心配はなく、インパクトはあるけど控えめな聴き心地。

クリアさも高いので、より光沢のあるリリック、そしてヒップホップのサウンドを楽しむことはできました。

【欠点】

正直中音域、高域の存在感は多少低く感じてしまいました。低域を軸としているのでしょうがないとは思いますが・・・。

なので、グルーブ感は他のヘッドホンと比べると弱いです。さらに、重低音も控えめな印象なので、衝撃も弱いです。

ただ、その分安定した聴き心地のヒップホップを体感でき、長時間聴いていても聴き疲れしません。

さらに、ヒップホップの種類によって響き方に得意不得意がなく、しっかりと対応したサウンドは魅力的です。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ