勉強モード突入!洋楽で集中したい時に聴くオススメソングTOP10

bsWEB86_notepcdon20150207121313

勉強は、やはり億劫ですよね。でもやらなきゃいけない。だからこそ、これから勉強するぞっと言う気分にさせるのは大切なことです。

 

今回は、意識を変えて一気に勉強に。そして集中させてくれるオススメの洋楽TOP10を、紹介します。

スポンサードリンク

1位 Ellie Goulding(エリー・ゴールディング)− Lights

2010年発売のシングル「Lights」は、エレクトロ・ポップを軸にした、みずみずしく、光り輝いたスローなメロディー

 

そこに、共鳴するように溶け込んでいる、澄んだ歌声

 

目が覚めるようなフレッシュなサウンドは、これか勉強モードに切り替えるっていう時にピッタリ!

 

2位 Maroon 5(マルーン・5) − Misery

 

2010年発売のアルバム「Hands All Over」から。「Misery」は、ポップロックのフレッシュさと、ダンスミュージックのノリの良さが融合したメロディー。

 

歯切れよくリズムに乗ったセクシーな歌声がマッチ。

 

リズム感が楽しく、勉強中には、程よく集中モードに切り替えてくれますよ!

 

3位 Coldplay(コールドプレイ) − A Sky Full of Stars

2014年発売のアルバム「Ghost Stories」から。「A Sky Full of Stars」は、ピアノとエレクトロが、絶妙な配分で交じり合った、爽やかでかつ、弾けるようなメロディー。

 

クールに感じるほど、どこまでも伸びやかで気持ちのいい歌声。

 

これから気持ちを盛り上げて、集中したいって言うときにかなり活躍しますよ!

 

4位 Disclosure(ディスクロージャー) − White Noise (feat. AlunaGeorge)

 

2013年発売のアルバム「Settle」から。「White Noise (feat. AlunaGeorge)」は、耳の中を暴れまわるほど鋭く響くエレクトロ音が特徴的なメロディー。

 

そして、気持よくメロディーと共鳴した、クリアな歌声。

 

メロディーによって、余計に存在感を感じさせる重い低音が、意識をどんどん集中モードに切り替えてくれる曲!

 

5位 Jesse J(ジェシー・J) − Domino

2011年発売のアルバム「Who You Are」から。「Domino」は、リズム感満載のフレッシュなメロディー。

 

そこに、抜群の歌唱力を持った歌声が栄える!

 

ポップスらしい、爆発力のあるさわやかなサウンドが、一気に勉強へのモチベーションを上げて、集中させてくれます!

 

スポンサードリンク

6位 Fatboy slim(ファットボーイ・スリム) −Rockafeller Skank

1998年発売のアルバム「LongWay Baby!!」から。「Rockafeller Skank」は、他の曲とは少し違ったクラブ・ミュージックを軸とした中毒性の高いメロディー。

 

音にトリップする感覚で、集中力がメキメキと上がっていきます。勉強始める一発目の曲に選んで欲しいサウンド!

 

7位 Daft Punk(ダフト・パンク) − Harder, Better, Faster, Stronger

 

2001年発売のアルバム「Discovery」から。「Harder, Better, Faster, Stronger」は、一定のリズムで無機質に、繰り返されるテクノのメロディーが、何故かくせになる。

 

歌詞も特に変わることはなく続く。しかし、緩急のつけ方が楽しく聴けちゃう!

 

どっぷり集中していくなら、かなりオススメの一曲。

 

8位 Rudimental(ルディメンタル) − Waiting All Night (feat. Ella Eyre)

2013年発売のアルバム「Home」から。「Waiting All Night (feat. Ella Eyre)」は、爽快なほどスピード感のあるメロディー

 

爽やかでインパクトもある歌声

 

この疾走感が、勉強の集中力を寄り高めてくれます!

 

9位 Flo ride(フロー・ライダー) − GDFR (feat. Sage the Gemini & Lookas)

 

2015年発売のアルバム「My House」から。「GDFR (feat. Sage the Gemini & Lookas)」は、フレッシュで中毒性の高いノリっノリなメロディー。

 

スピーディーなラップと、とにかく爽快な一曲!

 

気分を一気に変えて、これから勉強!って言う時にオススメ!

 

10位 Netsky(ネットスカイ) − Work It Out (feat. Digital Farm Animals)

 

2016年発売のシングル「Work It Out (feat. Digital Farm Animals)」は、サビのインパクトが、感動的に感じるほど、気持ちがよくスピード感にあふれたメロディー

 

歌声との相性の良さも魅力。

 

これから少し追い込みたいっていう時にかなり重宝しています!

 

まとめ

ここまでの順位を振り返ると
1位 Ellie Goulding(エリー・ゴールディング)− Lights 

 

2位 Maroon 5(マルーン・5) − Misery

 

3位 Coldplay(コールドプレイ) − A Sky Full of Stars

 

4位 Disclosure(ディスクロージャー) − White Noise (feat. AlunaGeorge)

 

5位 Jesse J(ジェシー・J) − Domino

 

6位 Fatboy slim(ファットボーイ・スリム) −Rockafeller Skank

 

7位 Daft Punk(ダフト・パンク) − Harder, Better, Faster, Stronger

 

8位Rudimental(ルディメンタル) − Waiting All Night (feat. Ella Eyre)

 

9位 Floride(フロー・ライダー) − GDFR (feat. Sage the Gemini & Lookas)

 

10位 Netsky(ネットスカイ) − Work It Out (feat. Digital Farm Animals)
疲れている時など、意識を勉強モードに変えるのは、難しいです。(普通の時でもおなじですが・・・)
今回、紹介した曲を使って今までよりスムーズに、頭を切り替えて、集中していきましょう!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ