1万円以下でコスパ最高の洋楽に合うオススメヘッドホンランキングTOP5

Unsplash / Pixabay

ヘッドホンはいいものを求めていくと、おのずと2万円以上など値段が高いものになっていきます。そうなると、手が伸ばしづらいですし、買いたくてもためらってしまいますよね・・・。

僕自身欲しくてたまらないけど値段がネックになって、我慢することも多いです。でも、クオリティーの高いヘッドホンがほしい!

なので、買い換えるなら、多少安くてかつクオリティーが伴ったコスパのいいヘッドホンがいいですよね。

今回は1万円以下でコスパ最高の洋楽に合うオススメヘッドホンランキングTOP5を紹介します

一万円以下でコスパがいい洋楽に合うオススメヘッドホン一覧

(◎・・・非常にいい ◯・・・良い △・・・普通 ☓・・・劣る)

低域 中音域 高域 重低音 クリアさ 装着感
ATH-PRO500MK2
ATH-WS550
DENON AH-D1100
SONY MDR-XB950
SONY MDR-ZX770

1位 Audio-technica ATH-PRO500MK2

IMG_0146

低域 中音域 高域
★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★☆
重低音 クリアさ 装着感
★★★☆☆ ★★★★☆ ★★☆☆☆
値段
9,644円(Amazon調べ)
管理人の正直レビュー
【総合レビュー】実際に聴いてみると音の豊かさにまず驚きました。高域は丸みがあり、豊かな響き方。

よく価格が低いものでありがちな、高域が尖すぎるがゆえに音が割れるといったこともほとんどありませんでした。

低域もハッキリと存在感があり、聴き疲れのない優しい音で耳の中に入ってきました。さらにクリアさも十分!

ほとんど音に雑味を感じることなく広がりのあるサウンドを楽しむことが出来ました。

今回、バラードでも聴いてみた所、サウンドにこもった感情が、ゆるやかにかつハッキリと感じることができ、聴き心地はもう最高。

バラードの名曲全部を、一度このヘッドホン聴いてもみたいなと感じるほど洗錬されたクオリティーを味わうことが出来ました。

【デメリット】

装着感は、やや重く肩が凝りそう。なので、外での使用ではなく、家で椅子に座って聴くのに向いているヘッドホンだなと感じました。

外でも聴けたらよかったのですが・・・。さらに中音域や重低音の存在感も上記した高域などに比べるとやや、薄め。

他の音が良かった分もっと主張してきても良かったんじゃないのかなと聴いてて感じました。そういった点では、音のバランスに偏りがあるのも残念でした。

ただ、音の質の良さや、高域、低域柔らかさ。開放感のあるサウンドのクオリティーには正直感動してしまいました・・・!一万円以下でコスパの良いヘッドホンをなら『ATH-PRO500MK』がかなりオススメです。

 

2位 Audio-technica ATH-WS550

IMG_0180

低域 高域 中音域
★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★☆
重低音 クリアさ 装着感
★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆
値段
5,280円(Amazon調べ)
評価
 

【総合レビュー】

実際に聴いてみたところ、重低音のインパクトは頭の奥まで震えるほど強い。もう聴いてて、緊張感が走ってくるぐらい、刺激的でクセになるような響き方でつい聴いてると鳥肌が立ってきてしまいました!

加えて、中音域も特に雑みがなくハッキリとしていて、存在感のある歌声も味わえました。

さらに、クリアさも。雑味が少なく、ハッキリと輪郭のある音が楽しめました。

重低音の存在感が強いものの、それぞれの音がしっかり個性があり、聴き応えのあるクリアなサウンドで、ついつい「あの曲でも聴いてみたい。この曲も」とよ今まで聴いてきた洋楽を聴き直したくなってしまいました(笑)

【デメリット】

もちろんクリアなのは他の音と変わらないのですが、高域がたまに高過ぎると割れているように聴こえる時があるのが残念。

やっぱり低域や中音域が良いだけに、その部分が目立ってしまっていました。

重低音重視の音質もいいですが、値段も5000円に近くだというのもかなり魅力的!ヒップホップなどをよく聴く人には特に『ATH-WS550』がオススメです^^

 

3位 DENON AH-D1100

IMG_0119

低域 中音域 高域
★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆
重低音 クリアさ 装着感
★★☆☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆
値段
7,670円(Amazon調べ)
管理人の正直レビュー
 

【総合レビュー】

実際に聴いてみた感想は、その中音域の美しさ。全く淀みがなく、そばにいるような生音感。

R&Bなど、エモーショナルさが売りの曲などでは、サウンドにこもっている感情がひしひしと伝わってきました。

歌声の艶っぽさもよりハッキリと際立っていて、Love Songだと聴けば聴くほど心が締め付けられるような聴き心地。もう最高・・・!

さらに高域、低域の存在感もあり、全体的にもクリアで整ったサウンドを楽しむことが出来ました。

よく一つの音に集中しすぎて、他が疎かになってしまうパターンが多いのですが、『DENON AH-D1100』ではバランスを取りつつ歌声の魅力もしっかり引き出してくれるチューニングを味わうことが出来てかなり満足です。

【デメリット】

気になる所は、少し締め付けが強いので長時間使用するには、かなりストレスがあります。なので通勤・通学、仕事帰りなどの場面で使うのが良いですよ^^

それと、重低音は残念ながら大きくは目立たず、インパクトなどはほとんどなく静かでした。

しっかりここも楽しみたい人には物足りなさを感じていしまいます。僕自身、ヒップホップなどでも聴いてみたのですが、重低音によるゾクッと来るような楽しさはありませんでした。

でも、歌声のな鮮明さ。そして低域、高域のバランスの良さ。音質のクリアさなどは値段に対してかなりコスパのいいヘッドホンでした!

 

4位 SONY MDR-XB950

IMG_0160

低域 中音域 高域
★★★★☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆
重低音 クリアさ 装着感
★★★★☆ ★★★★☆ ★★★☆☆
値段
6,345円(Amazon調べ)
管理人の正直レビュー
 

【総合レビュー】

まず聴いてみて感じるのは、低域そして重低音のインパクトの強さ。ダンスミュージックを聴いてると、ビートを体で感じているような感覚になり、リズムに乗りやすい!

ベースブースターによってクラブにいるよなグルーブ感のある重低音は聴いてて、最高に楽しかったです。

さらに、音に光沢を感じるほどクリアさも合ったのも嬉しいです。こういった重低音重視のヘッドホンでは、インパクトに集中し過ぎて、音のクリアさは二の次になっているものが多いので・・・。

音質が良く、さらに重低音のグルーブ感まで楽しむことが出来ました。

【デメリット】

中音域と低域は存在感があり、聴き心地も気持ち良かったのですが、高域だけあまり目立たないように感じてしまいました。

もちろんクリアなのですが、他の音は深みがあったりと特徴のある響き方なのに対し、高域は平凡な聴き心地。

正直、埋もれているように聴こえてしまいました。でも、だからといって雑なわけではないのでグルーブ感を楽しむ分には問題はありません。

音のクリアさが高く、さらに重低音のグルーブ感まで楽しみたいのなら、『SONY MDR-XB950』はかなりオススメできるヘッドホンです。

 

スポンサードリンク

5位 SONY MDR-ZX770

IMG_0165

低域 中音域 高域
★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆
重低音 クリアさ 装着感
★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★★☆
値段
7,410円(Amazon調べ)
管理人の正直レビュー
 

【総合レビュー】

実際に使って感じるのは、サウンド全体のソフト感。低域は丸みがあり聴き心地は柔らか。

高域、中音域ともに淀みが少なく、豊かで耳にふわっと着地していくように気持ち良く響いてきました。

音にインパクトを加えるような脚色があると、どうしても長時間聴いていると聴き疲れてしまい、せっかくの良い洋楽も魅力が半減してしまいます。

でも音が柔らかいことで長時間でも聴き疲れを起こすずらく、ずっと洋楽を楽しむことが出来るのでかなり嬉しいです。

さらに、全体的にバランスが良く取れていてストレスの少ないサウンドで、気持ちの良い聴き心地も魅力的でした。

【デメリット】

正直、音が柔らかく、バランスが取れているのは悪く言ってしまうと『無難すぎる』とも聴いてて感じてしまいました。脚色が少ないのでしょうがないのですが・・・。

ダンスやヒップホップなどで聴いてると、「ここもっと弾けて欲しい!」など音楽によっては物足りないと思うこともしばしばありました。

でも、長時間洋楽を聴いていたい場合や、バラードなどの抑揚が優しい音楽などをよく聴く人には『MDR-ZX770』がオススメです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ