オススメ洋楽アルバム|2015年グラミー賞最優秀アルバム賞受賞!BECKの「Morning Phase」

どうもガネックです。ここまでずっとグラミー賞の最優秀アルバム賞のアルバムを聴いてはこのブログに書いてきましたが、
ついに最優秀アルバム賞を受賞したBECKの「Morning Phase」を聴くことができたので感想をつらつらと言っていきます。

アルバム経緯

このアルバムは前作から6年ぶりメジャー9作目のアルバムとして発売された2014年を代表するアルバムです。

すさまじい完成度のアルバム

アルバム全体として、このアルバムには激しい曲というのが全くなく、雰囲気に朝のような爽やかさがあり、ゆったりと流れ幻想的にも感じるメロディーが聴いてて心地が良い曲ばかりでした。
終始そんな抑揚のない曲ばかりでも、時にカントリーの雰囲気混じっていたりと細かなメロディーの変化があり、全く曲や曲調に飽きることがありません。

そして、このアルバムの最大の魅力は、曲の組み合わせ方だと思います。
聴き終わって思ったのですが、まるでアルバム一枚が一つの曲のように一曲一曲が最初の曲からの流れを崩さず、
さらに盛り上げるところはしっかりと盛り上げつつも全く乱れがなく、見事なまでに次の曲にバトンタッチしていき進んでいき、気づけば最後の曲という、えげつないスムーズさで度肝を抜かれました。

しかも、最後の曲も今まで雰囲気の流れをしっかり持ちながらもキリが良く、何のわだかまりもなく気持ちよく終わってくれ最後まで全くスキがありませんでした。

スポンサードリンク

とにかくアルバム全体の作りから曲一つ一つ細部までしっかりと作られていて、2015年にグラミー賞にノミネートされたアルバムと比べても、アルバムの完成度が頭一つ抜けてるような印象を受けました。
全てがきれいにまとまっていて完成度が本当にえげつないぐらいに高いアルバムです。

最後に

このアルバムには、この曲を一回聴いて欲しいというのはありません。聴くとしたらひとまずアルバムの頭から全部聴いて欲しいと思うようなアルバムです。

こんなにすさまじいアルバムに全く気付かず、グラミー賞にノミネートされてやっとのことで気づくという、僕の音楽嗅覚が恥ずかしいです(´・ω・`)
このアルバムはグラミー賞関係なくこのアルバムは素晴らしいのでもしよかったら一回聴いてみて下さい( *´艸`)
ちなみに、このアルバムを朝聴くと現実で感じる朝の気持ちよさと、アルバムの持つ雰囲気が見事にかみ合ってアルバムの魅力が2倍、3倍と引き出されていきますのでオススメです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ