オススメ洋楽アルバム|新感覚のスイートヒップホップNicki Minajの「Pink Friday」

今回は今までのヒップホップになかったスイートさが魅力のアルバムNicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)の「Pink Friday」を紹介します。

この新感覚さはどんなに探してもNicki Minajにしか出せない独特さを持っています・・・

スポンサードリンク

ガーリーなスイートさと妖艶さが合わさった独特のサウンド!

ジャケットからして「これ本当にヒップホップアルバムか!?( ;゚д゚)」っていうほどポップスのような雰囲気。

そしていざ聴いてみれば、一瞬ポップスアルバムと勘違いしてしまいそうなほど今までのヒップホップではほとんどなかった、ガーリー感あふれるフレッシュでスイートなサウンドには衝撃が走りまくり!

かと思えば、ラップではスイートな声色からまるで誘惑されているかのようなエロス全開の妖艶な声色へ驚くほど器用に、流動的に変わっていきあらゆる角度からの衝撃の連続には聴き終わった後はグッタリとしてしまうほどの満足感のあるアルバムです!

アルバムを聴く際注目してみて欲しい3曲!

正直なところこのアルバムのほとんど捨て曲なしってほど魅力的な曲ばかりなんですが、その中でも特にこの曲には注目してほしいっていう3曲を紹介します(*≧∀≦)ゞ

・I’m The Best

アルバムのオープニングを飾る曲。
ポップスのようなフレッシュさとラップからも伝わってくるスイートさがたまらないサウンドにこの曲が流れた瞬間から前のめりに食いついて聴きたくなるほどの新鮮さ!
そして、ラップ自体もじっくりと聴いてみると決してスイートさだけではないぞといわんばかりの一本筋の通った力強さがあるのでそこにも大注目です(*>д<*)

・Roman’s Revenge

アルバムの中で2曲目
最初のスイートさ続くのかと思いきやエミネムとのコラボした攻撃性の高いサウンド。
そしてNicki Minajのラップも最初とは一変しこのサウンドの雰囲気に合わせた低く、ダークに響くものに変わっていてNicki Minajの器用さも垣間見え、あまりの空気感の違いにまたも唖然とさせられます・・・

・Super Bass

アルバムの中で14曲目
Nicki Minajの代表的な曲でありこのアルバムの集大成といってもいいほど、ヒップホップになかったスイートさ、そして見え隠れするエロスを感じさせる妖艶さを存分までに感じさせてくれるサウンドがたまらないの一言!

曲数は多いものの全く気にならないほどのクオリティー

全20曲というかなりの大ボリュームなアルバムとなっていて、

もしかしたら長いなと感じる人がいるかもしれないという欠点はあるものの、それを補って余りあるほど新感覚なサウンドと、それの一芸感というのは全く感じさせないほどの一曲一曲惹きつけられるほどのクオリティーの高さがありそんな欠点全くの問題なしです(*≧∀≦)ゞ

特にまだヒップホップを聴いたことがない人とかはここを入口にしてみるのもなかなかワクワクしますよ(*´∀`*)

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ