オススメ洋楽アルバム!10代のハツラツさを思い出させるサウンドAvril Lavigneの「The Best Damn Thing」

今回は最高にハツラツなサウンドが魅力のAvril Lavigne(アヴリル・ラビーン)のサードアルバム「The Best Damn Thing」がかなりGOODなアルバムだったので紹介します(*>д<*)

一作目や二作目とは違いこのアルバムはとにかく元気が溢れるかなりフレッシュなサウンドのアルバムとなっていて僕としてはかなり好みなアルバムでした!

スポンサードリンク

10代のハツラツとした部分を凝縮したサウンドが楽しく、飽きることなく聴けちゃう!!

まず、アルバムのオープニングであり世界中から元気をかき集めてきたかのようなエネルギッシュさ満点の大ヒット曲「Girl Friend」から始まりそこから繰り出される10代のあのフレッシュでハツラツとした部分を思い起こさせてくれるようなサウンドの連続!この時点でもうたまりません!(*>д<*)

かと思えば5曲目での「When You’re Gone」ではピュアでエモーショナルなメロディーが心に深くしみわたってくるようなバラードもあり、

そして7曲目にある「Hot」ではアップテンポのエネルギッシュさとバラードのピュアさの感じるメロディーのいいところを合わせたようなクオリティーの高いサウンドにより深くアルバムにのめり込ませてくれるという曲順もたまらないですが、明るいだけではなく「When You’re Gone」や「Hot」など曲調のバリエーションもあり軸としては10代のハツラツとした部分を凝縮したサウンドが主なんですが全く飽きが来ず逆に毎回そのサウンドに新鮮味を感じ最後までだれることなく楽しく聴けちゃうのもこのアルバムの魅力の一つです!(*・∀・*)

これに注目すればより楽しくアルバムを聴けちゃう3曲

アルバムの中でも特に注目な3曲を紹介します(*>д<*)

・Girl Friend

このアルバムの中でも一番の大ヒット曲であり、オープニングを飾る曲!
どんだけスタートダッシュで飛ばすの!?ていうほどエネルギーに満ち溢れたサウンドにとにかく入口からグイグイとアルバムの魅力に引き込まれていきます(*´Д`*)

・When You’re Gone

オープニングからの弾ける明るいサウンド続きから一変、5曲めで入ってくるバラード曲。
ピュアさでエモーショナルさを感じるメロディーにこれまでの盛り上がり過ぎた気持ちを一旦落ち着かせてじっくり癒してくれるような心地。最高です!
そしてこの曲を聴き終わった後の少しノスタルジックな後味にもかなり注目です。

・Hot

アルバム7曲目にくる弾ける明るさのアップテンポの曲とピュアなバラードのいいところミックスしたような情熱的でエモーショナルなサウンド!
アルバムの中でも僕的には実は名曲なんじゃないかと密かに思っているほどクオリティーも高くクセになる曲です!
アルバム内で聴けばより一層アルバムの魅力に引き込んでくれます(*´∀`*)

サウンドもアルバム全体の聴き心地もなにもかもがかなりいい作品

明るく、聴いていると心までグッとフレッシュな気持ちにさせてくれるようなエネルギッシュな曲ばかりでその時点でもかなり満足だけど、それ以上に曲順での緩急や、曲自体のバリエーションの多さなど最後まで楽しく聴ける工夫が盛りだくさんでかなりクオリティーの高い作品でした。

ちょっとでもAvril Lavigneに興味があるっていう人はぜひ聴いてみてハツラツさを体感してみて下さい!!(*≧∀≦)ゞ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ