オススメ洋楽アルバム!心にグサッと刺さるアコースティックサウンドが魅力のEd sheeranの「+」を聴いたレビュー

ちょっとの間ホームのレスになってたりテイラー・スウィフトとめっちゃ仲良かったり何かと話題の多いイギリスのシンガーソングライターEd sheeran(エド・シーラン)のファーストアルバム「+」を今回は紹介します。

ファーストアルバムを聴く前に2014年にリリースされたセカンドアルバム「×」をすでに聴おり、僕的には結構しっとりとしていてかなりGOODなアルバムだったのでかなりワクワクしながら聴いたんですが全く期待を裏切らない完成度でかなり満足です。
というより「×」よりも「+」の方が僕的には好きです(*>д<*)

スポンサードリンク

・心にグサッとくるほど寂しさがこもってるのになぜかもう一度聴きたくなる魅力的なサウンド!

アップテンポの曲はないけれども、全く問題ないほど魅力的で心にグサッとくるほど悲壮感がこもっているもののしっとりとした感じもあるアコースティックギターで奏でられるメロディーに、感情が120%ギッシリと詰まった心揺さぶる歌声が合わさった「も、もう苦しいっす・・・( ;´Д`)」っていうほど心が締め付けられるサウンドがかなり良いです。

特に夜に聴いちゃうと、夜の雰囲気とサウンドがベストマッチ過ぎて昇天しそうになります

しかも、ただの心が締め付けられるしっとりとしたサウンドっていうわけではなく、僕的にこのサウンドの本当に魅力は聴けば聴くほどなぜかもう一度聴きたくなるほど引き込まれてしまうっていうところだと思っています!

そこんところもかなり注目です(*゚∀゚*)

・特に聴いてみて欲しい3曲!

アルバムの中でも僕が聴いて「た、たまらん!!(*´Д`*)」と完全に昇天してしまった3曲を紹介します!

・The A Team

心に重くのしかかてくるほど悲壮感の詰まったメロディーにかすれかかった歌声の合わさった曲の世界観に聴いてて「も、もうやめてあげて・・・(´;ω;`)」って思うほど救いのなさに暗い気持ちになってしまうけれども、なぜかもう一度聴きたくなってしまう不思議な魅力のあるサウンドが最高の曲です(*´ω`*)

それと、PVを見てもらえばわかるんですがPVも終始暗いのでい終わった後ズーンと暗い気持ちになってしまうのでお気をつけて!(笑)

・Drunk

ついさっき紹介した「The A Team」とは違いこの曲は少し明るめでほっとするメロディーなんですが、歌声に失恋にも似た寂しさが感じられてこれも心にグサッとくる曲です。

アルバムの中でも結構明るい部類の曲で結構軽く聴けるのでなかなかGoodですよ!!

・Lego House

爽やかなアコースティックなメロディーに緩急がよくついた歌声(歌唱力)がグッと引き込ませてくれる曲です。
PVではなんとハリーポッターシリーズのロン役の俳優さんがエド・シーランに憧れてる人役で出ているんですが、
これ本人じゃね?」っていうほどめちゃくちゃエド・シーランに似ていて普通にビビります(笑)
曲もいいですけど似っぷりにも大注目です!!

・全部の曲が重いっていうわけではないのでご安心を!

ずっと曲に悲壮感があるやら、心が締め付けられるなど書いたんですが決して全ての曲がそういうわけではなく、甘い気持ちにさせてくれるしっとりとメロウで聴きやすい曲とかもあるんで軽い気持ちで聴いちゃって全然大丈夫なんでご安心を!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ